流行している理由とは?

個室待機は女性のプライバシーが守られており、周囲に気を遣う必要がありません。そのため、多くのデリヘルが個室待機を採用しているのです。特に人間関係がきっかけとなって女性を失うことは、お店にとって大きなマイナスになってしまいますが、個室待機にすることでそういったリスクを避けることが出来ます。そのため、個室待機はデリヘル側にとっても大きなプラスなのです。

個室待機が流行している理由はそれだけではありません。デリヘルは何よりハードワークであることから、体力が無ければ続けることが出来ない仕事。そのため、接客終わりは横になって休みたいものですが、集団待機ではそれが出来ません。しかし、個室待機であれば周囲の邪魔になりませんので、横になって仮眠を取ることも出来るのです。

体力が低下するとサービスの質も低下してしまい、お客さんからの評価も下がってしまいます。しかし、個室で仮眠を取って体力を回復させることで、より良いサービスを提供出来るのです。

また、個室内は騒音などで周囲に迷惑をかけなければ、何をしても問題ありません。中にはDVD鑑賞やインターネット、ゲームなどをして過ごすことも出来ます。レポートを進める女子大生も少なくありません。

集団待機とはどう違う?

現在のデリヘルでは個室待機が流行していますが、これまでの集団待機と比較してどういった違いがあるのでしょうか。何より最も大きい違いはプライバシー面でしょう。デリヘルで働く女性はさまざまな事情を抱えているので、誰もが干渉されたくないと考えています。しかし、集団待機ではほかの出勤女性と顔を合わせることになるので、コミュニケーションを取らなければならないのです。多くの女性にとってこれは苦痛となっており、快適に待機が出来ません。

しかし、個室待機であればほかの女性を気にすることがありませんので、コミュニケーションを取る必要がありません。さらに、中には人見知りの女性もいますが、そういった女性も安心して待機出来るのです。

また、集団待機のデリヘルでは仲の良い女性グループが出来ていることもあるのです。そのため、グループ内の人間関係などに気を遣う必要があります。場合によっては待機部屋内がギスギスしていることもあるのです。いくら高収入が得られたとしても、このような待機部屋では仕事を続けることが出来ません。そのため、これまで集団待機が理由でデリヘルを退店したことのある女性は、個室待機のデリヘルをおすすめします。

風俗求人で流行中の個室待機

風俗求人サイトや風俗求人雑誌を見ていると各ジャンルの求人が出ていますが、その中でも最も数が多いのはデリヘルの求人でしょう。デリヘルとは全国で最も増加傾向にあるジャンルで、最もスタンダードな風俗と言えます。そのプレイ内容はキス、フェラチオ、素股などで、誰もがスムーズに仕事を覚えることが出来るでしょう。そのため、デリヘルで働く女性も増加していますが、そこで注意したいのは待機部屋です。

デリヘルとは無店舗型ヘルスであることから、プレイはラブホテルで行います。そのため、指名を待つ女性は待機部屋で待機をしていなければなりません。よほどの売れっ子でもない限り、多くの女性は待機時間が長くなってしまうので待機部屋の環境は非常に重要なのです。

どのようなデリヘルにも待機部屋が用意されており、その待機部屋の環境はお店によってさまざまです。しかし、待機部屋は大きく集団待機と個室待機の二種類に分けられています。集団待機とはその名前が示す通り、広い部屋に出勤している女性の全員が集団で待機をするシステムです。逆に個室待機とは個室の中に入って1人で待機をします。もちろん、この個室は完全な部屋ではありません。カーテンやパーテーションで仕切られた簡易的な個室で、ネットカフェのブースを想像すると良いでしょう。

現在のデリヘルでは個室待機が増加していますが、こちらでは個室待機の様子や集団待機との違いについて解説いたします。待機部屋の環境で働きやすさは大きく変化するのです。